学生インタビュー

在籍学生へのインタビューです。これからの入学、配属を考えている学生はぜひ参考にしてください。

学部生(B4, M0)

準備中

修士課程

有岡くん M1    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

自分はロボットやドローンなど何かしらのハードウェアの制御に関わる研究をしたいと思っていたので、そのようなハードウェアが研究室に多くあり、研究で扱っている技術も自分の望む内容とマッチしていたのでこの研究室を選びました!オープンハウスでzoom越しに感じた研究室の雰囲気の良さもこの研究室を選択した大きな理由の一つです!

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

コロナによる基本的な研究活動のオンライン化によって研究室で作業する機会は多くはありませんでしたが、そんな中チーム開発などオフラインで活動する機会を先輩方が作ってくださったおかげで同期と交流しながら技術を学ぶこともできています。自分が研究活動と同時並行で進めていた院試への配慮として活動内容やスケジュールの調整もしていただき、研究活動が全く負担にならずに院試に臨めました。

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 個人的な意見ですが、前述した通りロボットやIoT機器を始めとした様々なハードウェアが揃っている研究室なので、そのようなハードウェアを触りたい人にとってとてもいい研究室だと思います。また、先輩方が親身になってアドバイスや相談にのってくださるので、研究活動が不安な人も安心して研究を進めることができる研究室だと思います。

〈悪いところ〉 比較的自由に研究テーマは決めることができるものの、実際にメンバーが研究しているテーマは自己適応の分野に偏っているため、それ以外のテーマを選択した場合は他のメンバーにアドバイスをもらうのが難しいです。

Q4:配属を希望する後輩への一言!

研究が不安な人でも、先輩や同期とコミュニケーションを取りながら自分が本当にしたい研究を探して取り組むことができる研究室です。研究活動も堅苦しいものではなく、和やかな雰囲気の研究室ですが、その一方で着実に研究能力も高められます!研究内容さえマッチすれば、研究室の環境としてとても良いところだと思うので、興味があれば是非オープンハウスも覗いてみてください!

及川くん M1    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

自分はこれまで学部生として学んできた中で、コンピュータを通して実世界に直接働きかけることのできる「ソフトウェア」に関する分野(いわゆるソフトウェア工学)に関心を持ちました。ソフトウェア工学を扱う研究室はいくつかありますが、その中でも特にこの研究室が専門に扱っている自己適応システムや自律エージェントシステムに興味を惹かれたため、選択しました。

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

研究チームごとに毎週決まった曜日に定例会があり、自分の研究の進捗報告をします。そこで先輩や同期から意見をもらったり議論したりすることで、研究をブラッシュアップしていきます。コロナ禍で全体で集まるのが難しいので、研究発表などはリモートで行うことが多いのですが、普段の研究活動はハイブリッドにできるので、研究室で先輩に直接相談したり、自宅で作業に没頭したり、研究環境を上手く使いこなしながら進めています。

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 人がいいことです!自分のやりたい研究分野で研究室を選ぶのももちろん大切ですが、相談でも愚痴でも、あるいはちょっとした世間話でも、気軽にできるメンバーがいるのは、研究活動への大きな活力源になると思ってます。

〈悪いところ〉 研究テーマは比較的自由に選択できますが、多くの人がこの研究室の専門分野に関連したものにするため、細かい技術的なサポートをたくさん受けたいという人は、テーマをある程度,先輩などの他の研究メンバーに寄せることになると思います。(もちろん、新しいテーマを開拓することもできます。)

Q4:配属を希望する後輩への一言!

「Q3:良いところ」でも話しましたが、とにかくこの研究室は頼れるメンバーがたくさんいるので、伸び伸びと研究活動ができると思います。プロ研生もM0/B4生も、ぜひ鄭研究室へ来てください!

清水くん M1    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

実際に研究室について意識し始めたのは3年の年始(ほぼ配属決定の直前)というかなり遅い時期で、他の生徒と比べると研究室調査も全然足りないような状態でした。しかしながら研究室選びの際に「エージェントシステムという環境に合わせてロボットが自ら行動する」ものに興味があったため、この興味に合った研究室を選ぶというような流れで、本研究室と、マルチエージェントシステムを扱っている菅原研で悩んでいました。しかし、この研究室のオープンラボで紹介されていた自身で考え,自信をアップデートしていく「自律エージェントシステム」に惹かれ、本研究室を選択しました。

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

新米なのでまさに研究生活!というものはまだないのですが、個人単位では論文を読んで知識を深めたり、研究室のメンバーと共同で研究テーマに近しいものを対象にプロジェクトを動かしたりしています。全体としては毎週研究室でのミーティングや、活動グループでの進捗報告などがあります。

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 他の研究室との合同企画や、研究室に留学生が多いこともあり、交流が非常に多いことです。また、先輩方が親身になって様々なことを教えてくださるので他の研究室よりも多くのことを学べますし、研究生活への不安・心配事は少ないと思います。

〈悪いところ〉 これといって感じることは今のところありませんが、強いて言えば他の研究室と違って研究室が理工キャンパスから離れた場所にあり移動が大変なことでしょうか。ただご時世柄外に出る機会も以前ほど多くないので、運動がてら、なんていうのもいいかもしれません。

Q4:配属を希望する後輩への一言!

やりたいことが決まっている方はそれに向けて頑張るだけだと思うので、まだやりたいことが特には決まっていない方・決まってはいるけど漠然としているという方へ。とにかく多くの物に触れ、自分が関心のあるものを探すことをお勧めします。講義の延長線上でやってみるもよし、プロジェクト研究でもよし、独学でなにかやってみるもよし。様々な世界を知る中で、自分が本当にやりたいことが見つかるかもしれません。

そうやってやりたいことを探す中で本研究室が自分に合っていると感じたら、是非,我々鄭研究室へ足を運んでみてください。大歓迎です!

鈴木さん M1    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

当時の自分の興味がIoTにあったこと、雰囲気的に研究の相談がしやすそうだと思ったこともありますが、最後の決め手は「尻を叩いてくれる」という先輩の発言でした。自分は追い立てられないとやらないタイプなので、そのような環境は必須条件だと感じていました。 ​

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

新型コロナウイルスの流行の影響で研究室に行く機会は例年より少なく、週2日のゼミはオンラインとオフラインの混合で行われています。ゼミについては、研究室ゼミ・研究班ゼミ・他の研究室との合同ゼミの3つが主なものとなっています。4年生の前期は、研究テーマ探しとして4年生とプロ研生とでグループワークをしていました。夏休みに研究テーマを絞り込み、後期から本格的に自分の研究を始めています。 ​

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 色々ありますが、個人的に1番だと思っているのはサポートがとても手厚い点です。

配属した当初は研究の進め方が全く分からず不安だったのですが、研究テーマ探しとしてグループワークが企画されていたり、論文の探し方や読み方・発表の仕方やスライドの作り方を学べたりと、様々なことを教えて下さるのでとても恵まれている環境だと思います。

また、毎週の進捗報告や先輩・教授との面談など、困ったときや意見が欲しい時に相談できる場が定期的に設けられています。特に毎週の進捗報告では互いの進捗状況を知れたり、意見交換をしたりできるので、自身の研究を進める意欲になります。このような定期的な報告をする場があるので、自分のように追い立てられないとやらないタイプにとってはとても助かる環境だと思います。

〈悪いところ〉 研究室が西早稲田ではないことです。個人的に、授業帰りに軽く研究室寄って研究してこうかなという気持ちになりづらいです。ただ、理工キャンから歩いて行けば運動不足解消になるのではないかと。 ​

Q4:配属を希望する後輩への一言!

4年生で研究のテーマが決まっている人は少ないのではないかなと思います。私自身、どんな研究をしたいかの明確なイメージを持たないまま研究室配属を迎えました。この研究室はそんな人たちでも安心して研究ができる環境だと思っています。最初は右も左も分からず不安だと思いますが、前述したように進捗報告や面談などで相談する場が定期的に設けられているので、困ったときに1人で悩まずに先輩や教授などに頼ることができます。

この研究室でみなさんと一緒に研究できる日を楽しみにしています。

水門さん M2    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

正直にお伝えしますと,配属希望の際は別の研究室を希望していました。しかし、縁があって鄭研に配属されました。

私の研究室配属時の2020年3月は、新型コロナウイルスが流行の初期段階でした。そのため、オンラインでのオープンラボ、各研究室の紹介スライドから希望の研究室を決める必要がありました。当時私は、本位田・鄭研究室のスライドに書かれていた「100年後も動くソフトウェアを作りたい」という言葉に「かっこいい!」と魅せられて、直感で希望に入れたことを覚えています。当時の第一希望ではありませんでしたが,鄭研で良かったと心から思っています! ​

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

学期の初めにマイルストーンを設定し、計画を立てつつ研究活動を行っています。私は複数のインターンシップを行なっているため、研究外での活動も加味して計画しています。現在(令和4年度)は全ての研究室イベントがハイブリッド形式で行われ、各自でオンライン・オフラインの参加形態を選ぶことができるようになっています。私の場合、オフラインの方がモチベーションが上がるので、定例会にはなるべくオフラインで参加するようにしています。新型コロナウイルスの感染状況にもよりますが、大学の指示に従いつつ、研究室で集まったメンバーと早稲田で食事をしに行くこともあります。また、家では集中できないタイプなので、論文執筆の際は研究室に通って本腰を入れて取り組んでいました。 ​

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 先生や先輩後輩,研究チームの雰囲気がすごく良いと思います。付かず離れずな関係性だとは思いますが、困ったときは誰でも親身に相談にのってくれますし、時に雑談するのも楽しいです。また、自分の性格や状況、コロナ等の社会の状況に応じて、オンライン・オフラインを選んだり、就活中は研究活動を休み、論文執筆中は集中する、研究活動にメリハリをつけるなど、柔軟に研究スタイルを選べるところも良いところだと思います。

〈悪いところ〉 特記すべきことは思い当たりませんが、コロナ禍で主としてオンラインで研究活動をしなくてはいけない時期は、自分の性格的に辛かったです。また、研究テーマを自由に決めることができますが、「自由」であることが難しい場合があるかもしれません。私は、先生や先輩が取り組む自己適応分野から外れた分野の研究を行なっているため、自分自身で専門分野を調査し続けるのは大変な作業だと感じています。もちろん、専門分野が遠くても、研究を進める上でのメソッドは十分に指導していただくことができます。 ​

Q4:配属を希望する後輩への一言!

研究室配属のポイントは「この研究室でもいいな!」と思えるような研究室を増やすことだと思います。言い換えると、研究分野に全く興味がなかったり、雰囲気が合わないなど「絶対に行きたくない研究室を見定める」ことが重要です。「行ってもいいな」と思える研究室を増やすために、各研究室が用意しているオープンラボ等を活用してみてください。そして、鄭研はオープンラボにさえ来てもらえれば、皆さんの「行ってもいいな」の研究室の1つに入る自信があります!オープンハウス期間以外でも、鄭研はいつでも研究室見学を受け付けていますので、お気軽に連絡してください。私たち鄭研メンバーが歓迎します!

川添さん M2    

Q1:この研究室を選んだ理由を教えてください!

学部3年までの情報理工の授業のなかで、人工知能とソフトウェア工学に興味があったためです。この2つに力を入れている研究室に上位の志望を固めようと思っていました。この研究室は自律エージェント工学を専門にしているとスライドで読んで、人工知能とソフトウェア工学を融合したようなものではないか!と勝手に推測し志望に入れました。ご縁をいただき配属された結果、その推測は当たっていました!難しくも興味深い、幅広い研究に囲まれて色々学べて、毎日目から鱗で幸せな研究室生活を送れています! ​

Q2:普段どんな研究(室)生活を送っている?

出来るだけ、大きな目標に向かって計画的な生活を送るようにしています。この研究室では、外部の国内学会や国際会議に論文を投稿したり発表したり、という活動を積極的に行っています。その締切に向かって、先輩方と相談し、いつまでに実験して、論文の初稿を書いて、、、というふうに逆算的に計画を立てています。ただ、就活が忙しかったり、体調を崩したり、やる気がなくなったりで、計画通りにいかないときも沢山あります。そんなときでも、先輩方が親身に相談してくださり、目標を無理ないように変更したり、スケジュールを調整したりと、柔軟に研究活動と両立、あるいは活動に復帰できます。これがあるからこそ、安心して計画を立てられて、みんなでそれぞれの目標に向かって頑張れる研究室です。 ​

Q3:研究室生活の良いところ、悪いところも教えてください!

〈良いところ〉 とにかく先輩、同期、後輩含め、わからないことや知りたいことをお互い教え合える雰囲気であることです。頼もしい後輩からも積極的に、例えば発表スライドがより観やすくなるようアドバイスをもらえます。初めは先輩に意見するなんて、、、と思うかもしれませんし、自分もそうでしたが、言いあえる雰囲気を先輩が作ってくれ、学年関係なく全員でお互いを高め合える研究室だと思います。

〈悪いところ〉 現在は研究活動をオンラインとオフラインでのハイブリッドで行っていますが、毎回オンラインだけの参加だと親睦を深める機会が少し少ないかなと感じています。オンラインの親睦会なども行なってはいますが、今後更に積極的にオンラインを活用し、ご時世や各々の環境関係なく全体で親睦を深められるような研究室にしていきたいと思っています。

Q4:配属を希望する後輩への一言!

鄭研究室の強みは、最初何がやりたいか決まっていない人でも、最初からある程度決まっている人でも、気づいたら明確にやりたいことが決まっているという人が多いことです。それは先輩方が状況に合わせて、自分の興味を引き出しながら一緒に道筋を決めてくれるからです。このHPの研究内容に少しでも興味があったら、いつでも見学お待ちしてます!

博士課程

準備中

卒業生

準備中