論文誌

2021年度

  1. 列車自動運転を伴う運転整理MIPモデルの移動閉塞下への適用
    • 川添宏介,山内拓人,鄭顕志,富井規雄,本位田真一
    • 情報処理学会論文誌,Vol.63,No.3,ページ未定,2022年3月

2020年度

  1. 活性と同時に保証可能な安全性特定のためのゲーム分析アルゴリズム
    • 相澤和也, 鄭 顕志, 本位田 真一
    • 情報処理学会論文誌, Vol. 61, No.4, pp.853 – 862, 2020年4月
  2. 違反状態抽象化による保証可能な安全性特定のための分析空間削減
    • 相澤和也, 鄭 顕志, 本位田 真一
    • 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J103-D,No.04,pp.238-246,Apr. 2020
  3. An Efficient Adaptive Attention Neural Network for Social Recommendation
    • Munan Li, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa
    • IEEE Access, vol.8, pp.63595-63606, March 2020
  4. Dynamic Update of Discrete Event Controllers
    • L. Nahabedian and V. Braberman and N. DIppolito and S. Honiden and J. Kramer and K. Tei and S. Uchitel
    • IEEE Transactions on Software Engineering (TSE), vol. 46, no. 11, pp. 1220-1240, 2020.

2019年度

  1. 自己適応システムのための環境モデル実行時更新手法
    • 田邉 萌香, 鄭 顕志, 本位田 真一
    • 情報処理学会論文誌, Vol. 60, No.10, 14 pages, 2019年10月
  2. 環境変化時に保証可能な安全性を特定するためのゲーム分析アルゴリズム
    • 相澤和也,鄭顕志,本位田真一
    • 情報処理学会論文誌 Vol.60(No.4),pp.1025-1039, 2019年04月

2017年度

  1. A Comparative Analysis of Machine Learning Algorithms for Faults Detection in Wireless Sensor Networks
    • Ehsan Ullah Warriach, and Kenji Tei
    • International Journal of Sensor Networks (IJSNet) Vol.24(1), pp.1-13, 2017

2015年度

  1. EVMを利用したDBCアプリケーションのための適応フレームワーク
    • 末永 俊一郎,鄭 顕志
    • 情報処理学会論文誌, Vol.56(No.5), 1363-1376, 2015年05月
  2. Involving End-Users in Web-Based System Development with INTER-Mediator
    • Masayuki Nii, Kenji Tei, and Fuyuki Ishikawa
    • Transactions on Engineering Technologies, pp.79-93, 2016年3月
  3. Model-Driven-Development-based Stepwise Software Development Process for Wireless Sensor Networks
    • Kenji Tei, Ryo Shimizu, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden
    • IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems, vol.45, no.4, pp.675-687, April, 2015

2013年度

  1. 無線センサネットワークにおけるデータ品質改善の為の開発プロセス
    • 清水 遼, 鄭 顕志, 深澤 良彰, 本位田 真一
    • 電子情報通信学会論文誌 学生論文特集 D, Vol.J97-D(No.3), 473-487, 2013年
  2. エンドユーザーによる保守作業を可能にする Web アプリケーションフレームワーク
    • 新居 雅行, 鄭 顕志, 石川 冬樹
    • コンピュータソフトウェア, Vol.31(No.1), 60-74, 2013年
  3. 自己適応ソフトウェアのための自己適応性設計に関する研究動向
    • 鄭 顕志, 清水 遼, 高橋 竜一, 石川 冬樹
    • コンピュータソフトウェア, Vol.31(No.1), 49-59, 2013年
  4. Faults in Sensory Readings: Classification and Model Learning
    • Valentina Baljak, Tei Kenji, Shinichi Honiden
    • Sensors & Transducers, Vol.18, 177-187, 2013年

2012年度

  1. :S-CLAIM: An Agent-based Programming Language for AmI, A Smart-Room Case Study
    • Valentina Baljak, Marius Tudor Benea, Amal El Fallah Seghrouchni, Cedric Herpson, Shinichi Honiden, Thi Thuy Nga Nguyen, Andrei Olaru, Ryo Shimizu, Kenji Tei, Susumu Toriumi
    • Procedia Computer Science, Vol.10, pp.30-37, 2012年

2011年度

  1. 無線センサネットワークにおける対象追跡の分解能を調整可能なセンサモデル
    • 鄭 顕志,中里 彦俊,深澤 良彰,本位田 真一
    • 電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-B(No.10), 1351-1362, 2011年10月

2009年度

  1. マルチエージェントシステムにおけるメタデータを用いた協調プロトコル合成手法
    • 高橋 竜一,鄭 顕志,石川 冬樹,本位田 真一,深澤 良彰,
    • 電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D(No.11), 1827-1839, 2009年11月

2008年度

  1. ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向
    • 鄭顕志, 中川博之, 川俣洋次郎, 吉岡信和,深澤良彰, 本位田真一
    • コンピュータソフトウェア, Vol.25(No.4), 121-132, 2008年10月
  2. 適応エージェントのためのユビキタスコンピューティングミドルウェア
    • 鄭 顕志,石川 冬樹,吉岡 信和,深澤 良彰,本位田 真一
    • コンピュータソフトウェア, Vol.25(No.4), 11-19, 2008年10月
  3. 効率の良いネットワーク内処理のためのノード選択指標の提案
    • 鄭 顕志,深澤 良彰,本位田 真一
    • 情報処理学会論文誌, Vol.49(No.6), 1872-1884, 2008年06月

2006年度

  1. MANET における省資源性を考慮した位置依存情報収集手法
    • 鄭顕志,深澤良彰,本位田真一
    • 電子情報通信学会論文誌, Vol.J89-D(No.12), 2625-2636, 2006年12月